面倒見のTOSAYOBI

速読英語

TOSAYOBIでは、オプションの英語学習として「速読英語」を採用しています。
ただ速く読むことを目的とするものではなく、あるべき手順を踏み、集中して英語と接する時間を増やすことで英語力を伸ばすものです。
Listening対策の機能にも工夫があり、標準速度以外に1.5倍速や2倍速での聞き取りの訓練ができ、読解だけでなく、Listeningの得点も多くの生徒が伸ばしています。
(「速読英語」は通年申し込みの有料のオプションです。パンフレットに付属の「入学のてびき」をご覧ください)

自習室

自習室は朝8時から夜8時まで開放。日曜日も基本的に使えます。
授業後や休み時間に誰でも自由に利用できます。家での勉強と違って、分からない箇所はすぐに職員室に聞きに行くこともできるので大変効果的です。
予習・復習・自主学習に役立ててください。

職員室

本校の教員は単に授業をするだけでなく、時には人生の良きアドバイザーにもなってくれます。
担当主任はもちろん、どの教員とも親しくコミュニケーションが図れるのも大きな特長。
互いに身近な関係が築けるよう職員室はいつでも自由に出入りができ、思ったことを気軽に話し合える場所となっています。
添削を出して、返してもらうだけでも一日に何回出入りすることになるのでしょうか?

保護者会

厳しい入試を突破するためには、生徒・家庭(保護者)・予備校がひとつになって努力しなければなりません。
そこで本校では、前期(7月)と後期(12月)に生徒・保護者・主任による三者面談を実施しています。
ここでは志望校の合否の可能性だけでなく、性格や長所をふまえ様々な内容について話し合い、 夏の学力アップならびにラストスパートへの大事な起点にしています。

カウンセリング

入試最前線にいる多感な予備校生。いろいろ悩んだり迷って当然です。
そんな生徒達の一番の理解者として学習面から精神面まで親身にサポートしていくのがカウンセラーです。
自分だけで抱え込まず、日々の勉強に打ち込めるよう、学校のことから私生活のことまで何でも相談してください。

奨学生制度

本校では進学に熱意のある生徒を一人でも多くお預かりするため、
特に経済的事情のある生徒に対して奨学生制度を大幅に採用しています。
また、学習態度の良い生徒や成績優秀者へも各種奨学金を支給。経済的負担を軽減し、勉強に専念できる環境づくりに努めています。

奨学金制度
奨学生試験は特別選抜試験(3月・4月)と同時に実施。
特待生制度
前期・後期を通じての成績・学習態度が選考基準。センター試験壮行会で表彰をおこないます。

受験資料

自分の知りたいことを把握していることも受験に勝つための大事な要素。
本校では各大学案内や赤本などの各種資料を豊富に揃え、いつでも閲覧できるようにしています。

高等学校などとの連携

出身校の先生方にお会いして本校での学習の成果・出席率・生活態度などについて報告・相談をしています。
センター試験直後の説明会をはじめ、高校からの進学講演依頼にも積極的にお応えしています。
また、センター試験自己採点データや追跡データ、センター試験チャレンジなどで様々なデータを高校の先生方に活用して頂いております。

入試情報の提供
膨大な量の入試情報を正確に分析し、本当に必要なものを迅速に各高校へ提供しています。

スポーツ大会

入学から1ヶ月半、クラスメイトやライバル達の顔や名前が一致してきた頃に毎年実施。
慣れない生活に少し疲れが出てくる時期でもあり、いいリフレッシュとなっています。
みんなと体を動かすことで学習意欲を向上させると共に、TOSAYOBI 生としての、
またクラスの団結を強めていくのが狙いです。
この場をきっかけに多くの友人ができ、最終ゴールまで互いに励まし合いながら頑張る生徒達をこれまでたくさん見てきました。